戒名について

 

院号・道号・位号

院号はもともと天皇が退位されて出家したときの呼称で、

それが寺院の中にある建物の別名となり、そこに住む人や

健立した人につけられました。現在でも院号は生前に一寺を

健立するほど寺院に尽くした人か、それに値するほど社会に

貢献した人につけられます。決してお布施を多く納めたからと

いって付けられるものではありません。

道号は人柄や趣味などにちなんで付けられ、位号は男女、老若

によって異なり、

男性:大居士、居士、大禅定門、禅定門、清信士、信士

女性:清大姉、大姉、大禅定尼、清信女、信女

と付けられます。

戒名という呼び名は、宗派によって異なります。

  • 戒名・・・天台宗、真言宗、浄土宗、禅宗
  • 法名・・・浄土真宗
  • 法号・・・日蓮宗

いずれにしても戒名・法名・法号とその名称は違いましても、

格差があるわけではありませんので、名称にこだわることはないでしょう。