神棚とは

神棚とは

御神礼(おふだ)をおまつりする施設を神棚といいます。神棚は、長押し(なげし)などを利用して

棚を吊り、注連縄(しめなわ)を掛けて神聖な空間を区切り、その中央に御宮を納め、

扉の正面に神鏡、手前に水、米、塩や左右に榊やお灯明などを飾ります。

ただし、部屋の構造により、棚を吊るのが難しい場合は、飾棚や家具の上を利用しても良いでしょう。

設置場所は、床の間のある部屋やリビングなど、会社では事務所や会議室などの御供えや

おまいりがしやすい場所をお勧めいたします。方角は、神様が南か東を向くのが良いとされていますが、

部屋の構造によっては他の向きでもかまいません。